頭痛の症状と向き合って解消しよう【薬を処方してもらってスッキリ】

医者と患者の男性

すぐにかかりつけへ

看護師

眠くならず安心です

頭痛の経験がある人は数多くいます。よくある症状なので軽く捉えてしまいがちです。確かに心配のない場合も多いです。しかし中には深刻なケースもあります。また心配はなくとも不快感はあります。出来れば和らげたいものです。片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などはあまり心配のない頭痛です。片頭痛はズキズキと痛みがあり多くは片側だけに起きます。吐き気を伴いとても辛い症状が起こります。周期的に起きる事が多いです。緊張型頭痛は肩凝りなどを伴います。重く締めつけられるような感じがあります。ストレスを感じた時やパソコンを長く使用した時、長時間車の運転をした時などに起こりがちです。群発頭痛は目の奥がたまらなく痛くなります。男性に症状が出る人が多い傾向にあります。このような症状で辛い時は病院に行って薬を処方してもらうと良いです。神経内科と脳神経外科が適した科です。通常の場合は神経内科で問題ありません。病院によっては頭痛外来を設けている所もあります。症状は人それぞれ異なります。もちろん市販薬でも効果的な物はたくさんあります。しかし一人一人の症状に合わせて薬を処方してくれるのでより安心と言えます。最近は頭痛に効くのに眠くならない薬が数多くあります。昼間でも飲めるので人気です。

早目の対処が大事です

深刻になるのはくも膜下出血や脳腫瘍などが原因で頭痛が起きる時です。この場合は脳神経外科の担当となります。いつもと違う頭痛や日増しに痛みが増していくなどの症状があったらすぐに受診が必要です。しびれや麻痺などを伴う時も要注意です。救急治療が必要な事も十分に考えられます。頭痛をほとんど経験した事のない人は異変に気が付くかもしれません。しかし頻繁に頭が痛いと感じている人はいつもの事と思ってしまう事もあり得ます。少しでも普段との違いを感じたらすぐに病院へ向かう事が大事です。早目の対処が命を救うのです。現代はストレスを感じ易い時代です。仕事でパソコンを使用する頻度も高くなっています。公私共に車の運転をする人も増えました。このような生活に運動不足も加わり、肩凝りや腰痛を訴える人も多くなっています。従って今後頭痛になる人は増々増えると考えられます。仕事の合間にストレッチをして血行を良くしたり、嗜好品の取り過ぎに注意するなど生活に気を付ける事が必要です。そして少しでも異変を感じたら迷わず医療機関を受診する事が大切です。たかが頭痛と軽く考えてはいけません。辛さを我慢せずに出来ればかかりつけの病院を作っておくのが良いでしょう。