頭痛の症状と向き合って解消しよう【薬を処方してもらってスッキリ】

医者と患者の男性

鎮痛剤では完治しない

海と男性

個人差があることに注意

頭痛で最も多いのが片頭痛と呼ばれる頭痛で誰でも一度は経験したことのある頭痛です。日本人の8%もの人がこの片頭痛に悩まれるほどメジャーではありますが、その対処方法について的確な対処方法を行っている人は少ないのです。一番頼りやすいのが市販の薬です。鎮痛剤を利用して痛みを和らげる処置をしていますが、実はこの市販の鎮痛剤は治療する作用を持っていないのです。片頭痛の生じる要因は、拡張した結果です。しかし鎮痛剤でこれを収縮させる作用はないのです。あくまでも神経を麻痺させて痛みを感じさせなくするだけなのです。したがって薬を飲んで治った気でいても実は痛みを緩和させているのではなく、痛みを感じさせなくしているだけなので根本的な治療ができている状態でないことに注意しなければならないのです。鎮痛剤の薬の成分には、様々な成分が含まれていますが、それが誰に対しても平等に効果が生じる訳ではありません。聞きやすい成分や効きにくい成分もあるのです。したがって頭痛薬も同様で効き方や効くまでの時間には個人差があります。どの市販薬を試しても効果を感じられない場合や鎮痛剤を月に10回以上服用している場合などは、市販薬の効果が得られない体質であることも想定できるため医師の診断を受けるのがベストです。

効果的な服用をすること

片頭痛の血管の拡張を抑える効果のある薬は、トリプタン系の薬剤です。血管や三半規管に直接作用する働きがあるため、血管の収縮させるのです。薬を効きやすくするために効果的な飲み方や飲む時期があります。これを工夫するのとしないとでは作用の働きに大きな違いが生じます。飲むタイミングは、片頭痛かなと思ったタイミングです。つまりなり始めが一番効果的なのです。その際にトリプタン系の薬剤を服用するとさらに効果的です。痛みは時間の経過とともに増していきます。そして数時間放置すれば自然と収まってきます。しかし現代社会で収まるまでじっと待つことも許されません。そのため一刻も早く痛みを緩和させる必要があります。そのためできる限り片頭痛の痛みがひどくならない症状が軽い段階で服用することをおすすめします。またいつも薬を飲んでいることに慣れてしまい、片頭痛でもないのに薬を飲む習慣はいざというときに作用がなくなる恐れがあるため避けるべきです。薬物乱用の頭痛を逆に引き起こしてしまう可能性もあります。もちろん症状が襲ってきてから服用することも大事ですが、予防することはもっと大事です。カルシウムなど片頭痛を予防する食物を摂取することを心がけるのが一番大事です。