頭痛の症状と向き合って解消しよう【薬を処方してもらってスッキリ】

医者と患者の男性

頭が痛い場合の対処法

笑顔の看護師

頭が痛い原因

日常で頭が痛いなどの症状が出た場合には市販の頭痛薬などを使用する方もいるでしょう。頭痛薬を使う前にまずは痛みの原因を理解することも大切です。頭痛にはいくつかの種類があります。そのうちの一つが偏頭痛です。偏頭痛は、頭にある血管が拡張することで痛みが発生します。心臓の鼓動にあわせたような痛みがでるのが特徴です。また、少し体を動かしたりしても痛みが増す場合もあります。仕事が休みの日などは、心身共にリラックス状態になりやすく、リラックス状態だと、一時的に血管が拡張する場合があります。そのため休みの日に偏頭痛が起こりやすいともいわれています。偏頭痛の症状としては、ズキズキと痛みがでて、比較的強い痛みの場合が多く、慢性頭痛の一つといわれています。症状があらわれる前には、肩こりや目の前がチカチカと光のようなものがみえたり、視界が悪くなるなど前兆がある場合があります。また、突如として痛みが出る場合もありますので注意が必要です。痛みが強いため、仕事や勉強、家事などに支障をきたす場合もあり、市販の頭痛薬などで対処する人も多いでしょう。ですが、痛みがひどい場合には、吐き気なども伴うため、きつい時には無理して行動せずに休むことも大切です。

対処の動き

偏頭痛は、血管の拡張から、その影響が痛みとしてあらわれます。そのため、お風呂に入ったり、マッサージなど血行がよくなってしまう状態をつくると悪化する可能性がでてきます。偏頭痛が起きた場合には、患部を冷すことが大切です。冷たいタオルなどを使用して、こめかみなどにあてて、ゆっくりと休むようにしてください。また、一時的に光や音に対して敏感になっているので、室内の電気を消して暗くするといいでしょう。また、音楽など音を鳴らさないように静かな部屋で横になることで回復が早まる場合があります。その他にも、カフェインなどを摂取することで、血管を収縮させる作用もあるので、偏頭痛には効果があるといわれています。コーヒーや緑茶などを飲んで休むのもいいでしょう。しかし、カフェインを多量摂取するのも体にとってよくありませんので、適量を守るようにしてください。偏頭痛は、生活習慣や食生活、女性ホルモンなどの影響を受ける場合があります。痛みが慢性化した場合には、生活を見直してみることも大切です。それでも、原因がはっきりしない場合には、病院で診察を受けるようにしてください。慢性化している場合には、病院で薬を処方してくれるはずです。